川越まつり2017/10/14・15

川越まつり

川越まつり2017は2017年10月14日・15日に行われます。川越まつりの山車行事では精巧な人形を乗せた絢爛豪華な山車が小江戸川越の蔵造りの古い家並みを練り歩き、山車がすれちがう際には「曳っかわせ(ひっかわせ)」と言われる囃子の競演が行われます。なお宵山では提灯に明かりが灯され、曳き方衆の提灯が乱舞する曳っかわせも行われます。

【川越まつり2017 日程(要確認)】
川越まつり2017は2017年(平成29年)10月14日(土曜日)・15日(日曜日)に行われます。

【川越まつり2017 アクセス・地図】
場所・・・埼玉県川越市宮下町2-11-3

*JR川越駅
*西武新宿線・本川越駅
*東武東上線・川越駅

●宵山山車の位置は正確ではありません。また変更になっている場合もあります。

スポンサーリンク


【川越まつり2017 概要】
川越まつり2017の山車行事では精巧な人形を乗せた絢爛豪華な山車が小江戸川越の蔵造りの古い家並みを練り歩き、山車がすれちがう際には「曳っかわせ(ひっかわせ)」と言われる囃子(笛・太鼓・鉦・踊り)の競演が行われます。なお宵山では提灯に明かりが灯され、曳き方衆の提灯が乱舞する曳っかわせも行われます。
山車・・・鈿女の山車 (大手町)・弁慶の山車 (志多町)・秀郷の山車 (喜多町)・山王の山車 (元町二丁目)・小狐丸の山車 (幸町)・翁の山車 (幸町)・羅陵王の山車 (仲町)・鈿女の山車 (今成町)・三番叟の山車 (六軒町)・浦島の山車 (松江町二丁目)・龍神の山車 (松江町一丁目)・牛若丸の山車 (元町一丁目)・日本武尊の山車 (宮下町)・高砂の山車 (末広町)・道灌の山車 (連雀町)・重頼の山車 (中原町)・頼光の山車 (三久保町)・素戔嗚尊の山車 (西小仙波町)・木花咲耶姫の山車 (岸町二丁目)・鍾馗の山車 (通町)・信綱の山車 (旭町三丁目)・家康の山車 (脇田町)・仙波二郎の山車 (仙波町)・八幡太郎の山車 (野田五町)・納曽利の山車 (南通町)・鏡獅子の山車 (新富町二丁目)・菅原道真の山車 (菅原町)・家光の山車 (新富町一丁目)・猩々の山車 (川越市)

●川越まつり2017 日程・スケジュール(要確認)
タイムテーブルは昨年のものです。(現在確認中)
10月14日
13:00~14:30・・・神幸祭(氷川神社~札の辻~一番街~仲町~大手町~市役所前~氷川神社)
14:00~15:00頃・・・市役所前の山車揃い
18:00~19:00頃・・・宵山の山車揃い(市内各所)
18:20~・・・鳶のはしご乗り(埼玉りそな銀行前)
19:00~21:00頃夜の曳っかわせ

10月15日
13:30~15:00頃・・・市役所前の山車巡行
18:30~21:00頃夜の曳っかわせ

*参考・・・川越まつり2017日程

【川越まつり 歴史・簡単概要】
川越まつり(かわごえまつり)・川越氷川祭(かわごえひかわまつり)は創建以来毎年行われている例大祭が起源です。神幸祭は1648年(慶安元年)に幕府老中首座で、川越藩主・松平伊豆守信綱が2基の神輿・獅子頭・太鼓などの祭具を寄進し、江戸の天下祭(神田明神の神田祭と日枝神社の山王祭)に則した斎行を奨励したのが起源です。その後1651年(慶安4年)に神幸祭の行列が氏子地区を巡行し、仮装行列の町衆も随行するようになりました。1698年(元禄11年)に高沢町が踊り屋台を披露し、1842年(天保13年)には商人町・職人町の城下十ヶ町から人形山車が出るようになったそうです。なお川越まつりは国の重要無形民俗文化財に指定され、ユネスコの無形文化遺産に登録されています。また川越まつりは佐原の大祭(さわらのたいさい)・常陸國總社宮大祭(ひたちのくにそうじゃぐうたいさい)とともに関東三大祭りと言われています。
*参考・・・川越まつり川越まつりwikipedia

【川越氷川神社 歴史・簡単概要】
川越まつりが行われる川越氷川神社(かわごえひかわじんじゃ)は古墳時代の541年(欽明天皇2年)に創建されたとも言われています。入間川に夜な夜な光るものがあり、これを氷川神の霊光だと捉え、氷川神社を勧請したとも言われています。その後室町時代の1457年(長禄元年)に父・太田道真と子・太田道灌が川越城(河越城)を築城し、城下の守護神・藩領の総鎮守になりました。ちなみに道灌は参詣した際に和歌「老いらくの 身をつみてこそ 武蔵野の 草にいつまで 残る白雪」を詠んだそうです。江戸時代に酒井忠勝・堀田正盛などの歴代川越藩主が社殿を造営し、1849年(寛永2年)には松平斉典が現在の本殿を造営しました。なお川越氷川神社は主祭神に素盞嗚尊(すさのおのみこと)、脚摩乳命(あしなづちのみこと)・手摩乳命(てなづちのみこと)・素盞嗚尊の妃神でもある奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)・素盞嗚尊と奇稲田姫命の子孫とも、子どもとも言われる大己貴命(おおなむちのみこと)を祀っています。
*参考・・・川越氷川神社・川越まつり川越氷川神社・川越まつりwikipedia

【川越まつり2017 備考】
*イベント・お祭りなどの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者のサイトなどで確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 祇園祭

    祇園祭2018/7/1~31

    祇園祭2018は2018年7月1日~31日に行われます。祇園祭2018の前祭山鉾巡行では長刀鉾など2…

スポンサーリンク




スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. 五山送り火
    五山送り火2018は2018年8月16日に行われます。五山送り火2018では東側から西側に向かって、…
  2. 阿波おどり
    阿波おどり2018は2018年8月12日~15日に行われます。阿波おどり2018では三味線・太鼓・鉦…
  3. 青森ねぶた祭
    青森ねぶた祭2018は2018年8月2日~7日に行われます。青森ねぶた祭2018では神話や歴史上の人…

ピックアップ記事

  1. 高円寺阿波おどり
    東京高円寺阿波おどり2018は2018年8月25日・26日に行われます。東京高円寺阿波おどり2018…
  2. 仙台七夕まつり
    仙台七夕まつり2018は2018年8月6日~8日まで行われます。仙台七夕まつり2018では短冊・紙衣…
  3. 秋田竿燈まつり
    秋田竿燈まつり2018は2018年8月3日~6日に行われます。秋田竿燈まつり2018では連なる提灯を…
ページ上部へ戻る